2012年5月22日火曜日

三社祭


スカイツリーの興奮冷めやらぬ、翌日曜日。
またしても浅草へ。
この日は三社祭の見物です。

嬉しいことに、新しい1000系の銀座線に乗れました!











御神輿を追いかけて、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。











この日の浅草寺は、御神輿が下を通るので、提灯が畳まれています。













あ、浅草寺からもスカイツリー!
・・・けれど、曇天の下では、昨日のようにピカピカしていません。











この後、おやつを食べ歩き(当然、もんじゃも含む)、
下町の人情に触れ、お赤飯をごちそうになったり、
日本はなんと狭いのだろうという出会いがあったり、
濃厚な時間を過ごすうち、あっという間に日が暮れました。

三社祭の締め、浅草寺前での鏡割りも見物。











浅草のみなさま、この町の建物も文化も人情も、
ずっとずっと、残してください。

スカイツリー


本日、5月22日はスカイツリーの開業でしたが、
3日前の土曜日、ひと足お先に行ってまいりました!
某社仕切りの「内覧会」というヤツです。

朝、7時半に押上駅集合ということで、
夜型の私はくじけそうになりましたが、
頑張って、早起きしました。

素晴らしいお天気に恵まれ、
青空のもとそびえ立つスカイツリーはピッカピカで、
紛れもなく新品!という輝き。
これを見ただけで、早起きの甲斐があったというものです。














展望台へ昇るエレベーターの中は、まるで宝石箱。
あまりに美しいので、しばらく乗っていたいと思うのに、
350メートルを、わずか50秒で到着。











エレベーターのドアが開いた瞬間、
下の写真のように陽の光が降り注ぎ、目の前に広がる東京大パノラマ。
大歓声がわき上がりました。











旬のネタを体験しておこう、くらいの気持ちで出かけたのに
これほど興奮するとは思ってもみず、
気づけば、私もキャーキャー言いながらはしゃいでいました。

そして、富士山を見たときには感動で胸がいっぱい。
写真にはちゃんと写りませんでしたが、
肉眼では絵に描いたようにクッキリとした美しい姿が拝めたのです。











開業に向けてスカイツリー内でお仕事をされていた方に伺うと、
これほどクッキリ見えることは稀だそうです。
時間帯、お天気、すべての要素が良かったらしい。

誘ってくださったIさんのおかげで、
すてきな体験をさせていただきました。
感謝です。