2015年9月30日水曜日

自動車アート7人展

尊敬するイラストレーター佐原輝夫さん(通称テリーさん)が
参加しておられる自動車アート7人展(有楽町交通会館)を見に行ってきました。

毎年、拝見させていただくのですが、今年のテーマはコルベットで、
そのテーマのせいか、例年より人物を絡めた絵が多く、
ちょっとレトロな映画ポスター風味、ロマンティックな作品の数々でした。














テリーさんの道具はintuosだそうですが、
作品はどこからどう見てもアナログ仕上げです。
まさに『弘法は筆を選ばず』です。


PCは所詮道具。
アナログでクリエイティブできない人が、PCの機能に頼って
イラストレーターやデザイナーを名乗る昨今、
テリーさんのような本物のクリエーターは
デジタルでもアナログでも、本当に格が違います。

大先輩を見習って、私も精進せねば…
と、良い刺激を受けた帰り、交通会館へ行くお楽しみのひとつ
北海道のアンテナショップへ。

夕張メロンのソフトクリームをいただきました。



2015年9月20日日曜日

就任披露パーティー

個人事業主の多くが、毎年お世話になる青色申告。
白色申告と比べて控除額が大きいことと、
赤字を3年間繰り越せることが魅力です。

この青色申告制度の元を作られたのは、
オープン・マネジメントの師、喜多村実氏で、
国税庁のHPにも、そのお名前とエピソードが掲載されています。


その実氏の跡を継がれたご子息の喜多村豊氏が、
先日、公開経営指導協会の理事長に就任され、
就任披露パーティーが開催されたので、お祝いに行ってきました。

300人以上はいたと思われる盛大なパーティーで、
演歌歌手からロックミュージシャンのステージもあり、
それはそれは賑やかな宴でした。















先代からのお付き合いの方々も多数見えられており、
壇上で祝辞を述べられたのは

セブン&アイホールディングス名誉会長 伊東雅俊氏
イオン株式会社名誉会長相談役 岡田卓也氏
商業界全国女性同友会名誉会長 西端春枝氏

と、錚々たる顔ぶれです。

伊東氏91歳、岡田氏90歳、西端氏94歳・・・

喜多村実氏は、ご存命であれば110歳。
そのお仲間ですから、90代でも当然なのですが、
みなさま、まったく年齢を感じさせない堂々たるスピーチで
会場をおおいにわかせてくださいました。

ことに、最高齢の西端春枝氏のスピーチは胸に染み入りました。

西端春枝氏は、元ニチイの創業者西端行雄氏の奥様で、
現在は大谷学園の理事であり、大谷派浄信寺の副住職でもあられます。

やわらかな関西弁で、先代の思い出話から、戦後のマーケットのことなど
笑いも交えながら、商売の心得を流れるようにお話されました。

主婦が買い物をする時に『この竹輪があと20円安かったら、
子供にもう一品、総菜を食べさせてあげられるのに…』と思う一方で、
売る方とて『この竹輪をあと20円高く売れれば、
お父さんに焼酎の一杯も飲ませてあげられるのに…』と思う。

売り手と買い手の心のせめぎ合い。
商売をする上で、「誰もが人の子の親」と認識を持つこと、
良心の大切さを語られていました。

私の場合は商売といっても、個人ではなく企業がお客さまですし、
品物ではなく技術を売っているわけですが、
企業にもお財布事情がありますから、
いただく報酬以上のものを納品したいと思いますし、
依頼して良かった(買って良かった)と思っていただきたい。
かといって、あまり値切られると、働いた分(仕入れ分)が損になる。

売り手も買い手も、お互いの立場を尊重しあえればベストですが、
なかなかそれが難しい昨今です。

先日の五輪エンブレム騒動の方のように、
良心をどこかに置き忘れてしまった売り手が幅を利かせていたり、
仲介だけで暴利を貪る輩がいたりする時代ですから。



兎にも角にも、西端春枝様のスピーチと存在感に感動してしまった私は、
パーティーの終わる頃、勇気を出して、図々しくも話しかけてしまいました。

そして、写真まで撮っていただきました!












美しい方です。
人生の先輩として、女性の先輩として、うっとりしてしまいます。

健康年齢というのはよく耳にしますが、
美貌年齢というものもあるのではないでしょうか。
頑張って痩せなければ……(゜´Д`゜)
心も磨かなければ……(。・_・)


いい思い出をいただいたなぁ〜と思っていたら、
本日、西端春枝様から直筆のお葉書を頂戴しました。

 お目にかかれてありがとうございました。
 お幸せに。

と、やさしさに溢れた毛筆で書かれていました。
宛名もラベルプリントなどではなく毛筆です。

日々、たくさんの方にお会いになられているのに、
私のようなどこの馬の骨とも知れない無名の者にまでお心遣いをいただき、
その場で『お幸せに』なってしまいました。


西端春枝様にも、
すてきなご縁をくださった喜多村豊様にも、
感謝の気持ちで一杯です。

2015年9月2日水曜日

3年ぶりの日光

3年ぶりに日光へ行ってきました。

到着した日は、常宿「パークロッジ」のオーナー、ケンさん、
日光でできたお友達との再会を喜び、
ワイワイと温泉を楽しみ、BBQでパーティー。


翌日は、大谷採石場跡の見学へ。
洞窟や鍾乳洞が大好きなので、一度は行ってみたかったところです。

この巨大な地下空間が、採掘スタート時にはすべて人力で成されたことを思うと
坑夫の方々の想いや、人生の重みが、胸に迫ってくるようでした。


















厳かで神聖な雰囲気です。




三日目の夜、ロッジのリビングでギターを弾いて遊んでいたら
イギリスから来た若い宿泊客たちとセッションが始まりました。
これぞ、昭和のペンションナイト!

一人がHEY JUDEを弾き出したので、すかさずiPadで歌詞を検索して
歌の上手な子に渡します。

ビートルズ、ニールヤング、ビーチボーイズ・・・
夜中の2時まで、楽しく過ごしました。

私はまったく英語が話せませんが、
ビートルズがあれば、すぐに仲良く遊べます。

iPadがあれば、みんなで歌えて、なお楽し。